RSタイチ

NXV309

FLEX BACK PROTECTOR

フレックス バックプロテクター
装着した瞬間から実感できる、卓越した運動性と優れた安全性
シェルカバーに施したハニカムリブ加工により、
高い衝撃吸収性を実現!
¥9,800(税別)
COLOR
YELLOW

YELLOW

BLACK

BLACK

IMAGE

IMAGE

フレックス<br>システム

フレックス
システム

<small>ピポットカバー<br>シェルカバー</small>

ピポットカバー
シェルカバー

ハンガー<br>ループ

ハンガー
ループ

DETAIL
全体図

全体図

<small>フローティング<br>アブソーバー<br>システム</small>

フローティング
アブソーバー
システム

ピアシング<br>構造

ピアシング
構造

ハニカム<br>構造リブ

ハニカム
構造リブ

ハニカム

ハニカム

フレックス<br>システム

フレックス
システム

YELLOW
この商品の購入はこちらから
SIZE
フリー
MATERIALS
ポリプロピレン・ポリエチレン・Tフォーム
PROFILE
衝撃吸収性能が20%向上!
※当社比、社内テストによる
フレックスバックプロテクターは、アールエスタイチが幅広くモータースポーツのフィールドで培ったノウハウやアイデア、経験を盛り込み、ライダーの安全性・快適性を高次元で追求した設計コンセプトにより開発されました。装着した瞬間から、その卓越した性能を実感いただける先進のロードレース用装着プロテクターです。
機 能 ●フレックス システム:身体の動きに対し、上下のパーツそれぞれが可動することで違和感を最小限に抑え、優れた追従性・装着
 感を可能にします。また、常に脊髄の動きに追従するので、転倒時のズレを防ぎ、ライダーへの衝撃を軽減します。
●フローティング アブソーバー システム:『フローティング アブソーバー システム』は、既存のプラスチックとスポンジフォー
 ム等の素材を重ねた構造の脊髄プロテクターとは異なります。単に、衝撃をやわらげるだけではなく、脊髄プロテクターを構成す
 る各パーツの隙間を活用し、衝撃吸収効果を高める構造です。衝撃が加わると、シェルカバー/ピポットカバープロテクターとセ
 ンタープロテクタープレートが受け止めて分散し、それを低反発メモリーフォームとベンテッド ポリエチレンフォームで2段階吸
 収するというしくみで、高い安全性と機能が特長です。
●シェルカバー/ピボットカバープロテクター:インパクトPP(高耐衝撃性PP)を採用したシェルカバーには裏面にハニカム構造の
 リブ加工を施し、衝撃吸収性を20%高めました(当社比)。
●マルチレイヤープロテクション:素材は軟質ポリエチレンフォーム+低反発メモリーフォーム+インパクトPP(高耐衝撃性PP)
 +インパクトPP(高耐衝撃性PP)の4層構造と、さらに、センタープロテクタープレートがシェルカバープロテクター/ピポット
 カバープロテクターを貫通することにより堅牢なフローティングアブソーバーシステムを実現しました。
●優れた衝撃吸収性能!!:中密度でオープンセルタイプのポリウレタンフォーム、人に優しいメモリーフォーム* は、物理的特性・
 高いエネルギー吸収性、そして温度によって柔らかくなるといった優れた特徴を併せ持っています。また優れた衝撃吸収特性によ
 りメモリーフォームは、静的負荷での形状を保持したまま、動的負荷に対しての衝撃保護を可能とします。
 *メモリーフォーム(素材:ポリウレタン)メモリーフォームは低反発性、高いダンピング特性、そして優れた衝撃吸収能力(衝
 撃を97%までも底付きなしで吸収します)を備えています。また温かいものに触れて柔らかくなり、圧力を均一に分散します。
 通気性があり、皮膚への刺激もなく、身体からの湿気や汗を発散させる為、身体の接触部位のプロテクションに最適です。
●“ピアシング構造”:安全性を高めるために、従来の脊髄プロテクターにはない“ピアシング構造”を採用。センタープロテクターレ
 ート(アッパー・ロアー)が、シェルカバープロテクターとピポットカバープロテクターを貫通することにより、プロテクター本
 体の反り返りを最小限に抑え、大きな衝撃にも耐え得る優れた衝撃吸収を可能にし、高い安全性を実現しました。
●“ベンテッドフォーム”採用!!:ベースフォームには8mm径の穴開け加工を施したベンテッドフォームを使用し優れた通気性によ
 りレザースーツ内での熱滞留による蒸れを低減し着用時の快適性を向上させました。また、身体をホールドするベルトはベルクロ
 で取り付け位置の高さ調整が可能です。ライダーのサイズや好みに合わせた最適のフィットを可能にしました。

製品TOP へ戻る

RS TAICHI